回送車の詳細

回送車の特徴

回送車の特徴

回送車は、道路を走ることができない建機や重機を、荷台に備えられたあゆみ板を使って乗せたりすることが可能で、主に建設現場や工事現場などで活用されています。
このあゆみ板は、ブルドーザーを積むために使われることもあるので、ブル積みフックと呼ばれることもあります。
さらに、車両を持ち上げるためのウインチを装備している車両も存在します。
荷台には重機を固定させるための工夫が施されていて、バケットを置くための鉄板や、車輪止めを固定するための穴などが埋め込まれる場合もあります。
また、回送車を運転する際は、一般的なトラックと同じ免許があればOKで、車両によって普通免許から大型免許までがあれば運転できます。
実際に重機の回送を行う際は、一般道を長距離走行することもあるので、運転テクニックが求められるでしょう。
そんな回送車の代表的なメーカーは、株式会社タダノ、新明和工業株式会社、日本トレクス株式会社などがあり、架装と販売を請け負っております。

回送車について

回送車は、荷台に建機や重機などを乗せて運搬することができる車両で、主にユンボなどの、自走できない建機を荷台に積んで運搬を行います。
この回送車は、主にセルフローダーやセーフティーローダー、重機回送トレーラーなどの車両に分類できます。
また、廻送車と表記されたり、セルフ車、産業車両運搬車や重機回送車という名称でも呼ばれたりすることがあります。
重機の積み込みは、トラック自体が傾いたり、荷台部分が傾斜することによって、容易に乗せることが出来るようになります。
車両は小型トラックから大型トラックまで活用されていて、中でも大型車両であれば、小型ユンボを2台同時に載せることも可能です。
これらの車両ですが、トラックメーカーは製造しておらず、架装メーカーによって架装が行われた上で、販売されています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP