土砂禁ダンプを高額買取!

土砂禁ダンプの買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

使用していないので
売却したい

廃業になったので
少しでも高く売却したい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • あおりの形状は?(板チョコ/額縁/面一/船底)
  • 立米数はどのくらいか
  • リアゲートの形状は?(観音式/ダンプ式/Lゲート/片開き)
  • 床の素材はステンレスの方がいい

査定見積もり代行します!

土砂禁ダンプ得意業者一括査定依頼!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

土砂禁ダンプについて

土砂禁ダンプってどんな車両?

土砂禁ダンプの特徴

土砂禁ダンプは、土砂を積んではいけないダンプトラックを指します。
通常のダンプトラックよりも大量に積荷を積めるため、土砂を積んだ場合は過積載になってしまいます。
このため、土砂を大量に積み込むと過積載になってしまう車両ということで、土砂禁ダンプと名付けられています。
また、ファームダンプチップダンプなどは、軽量物を大量に積みこむダンプのため、土砂禁ダンプとして扱われています。

土砂禁ダンプの特徴

土砂禁ダンプの特徴

土砂禁ダンプは、荷台のあおりが高くなっていて、軽量物を大量に積む場合に活用されます。
荷台部分は積載物を飛ばさないようにするために、シートを被せていることもあります。
また、自動で開閉する蓋が取り付けられているタイプもあります。
積載物を降ろす際は、通常のダンプと同じくダンプ機構を活用できます。
土砂禁ダンプの架装は、中型の増トン車でも可能であるため、アオリの高さを変更することによって8トンまで積載可能になります。
土砂禁ダンプは運送業や畜産業、産廃業などで使われています。

サイズ

中型、大型、増トン

必要な免許

中型免許、大型免許

代表的なメーカー

新明和工業、極東開発工業

代表的な車種

三菱ふそう・スーパーグレート、いすゞ・ギガ、日野・プロフィア

他の形状を見る

土砂禁ダンプの詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP