穴掘建柱車の詳細

穴掘建柱車の特徴

穴掘建柱車の特徴

穴掘建柱車は、オーガというドリルのようなパーツを使って、地面を掘ることが可能です。
この地面を掘るためのオーガはアタッチメント式になっていて、交換すれば様々な素材を掘削することができます。
地面を掘ったあとは、バイブレーター機能によって付着している土を払い落とせます。
ちなみに、この地面を掘る際は、車両に備えられたアウトリガーを最大まで張り出すと、安全性が増します。
また、運転には車両に基づいた免許が必要になり、普通免許から大型免許などが無いと運転できません。
また、一時的に電柱を乗せられる「受け台」という台に電柱を乗せ、現場で下ろして電柱を設置します。運転の際は、ブームとオーガが確実に格納されているのを確認する必要があります。
さらに、穴掘りの操作に必要な資格は、重量3トン以上の場合は車両系建設機械基礎工事用技能講習、3トン未満なら小型移動式クレーン運転技能講習が必要です。
そんな穴掘建柱車の架装を行っているメーカーは、タダノやアイチコーポレーションなどがあります。

穴掘建柱車について

穴掘建柱車について

穴掘建柱車は、ポールセッターや建柱クレーンという名称で呼ばれることがある車両です。
荷台に備えられたオーガというドリルを使って地面を掘り、アームを使って電柱などを釣り上げて設置することができます。
また、伸縮式のブームも備えているので、ブームを伸ばせば離れた場所でも作業を行うことが可能です。
オーガは油圧ポンプを用いているので、地面に穴を簡単かつ、深く空けることができるようになっています。
さらに、用途によっても種類が分かれ、地面に抗打ちができるパイルドライバー、地面に穴をドリルで開けるアースオーガ、大きな穴を掘れるアースドリルの3種類があります。
この穴掘建柱車を活用すれば、電柱の設置以外にも、住宅設備の工事や信号機や標識の工事など、幅広い用途に使う事ができます。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP