ダンプの詳細

ダンプの特徴

ダンプの特徴

ダンプトラックは、工事現場の土砂や砂利などを運搬する際や、産業廃棄物を運ぶ場合に活用されています。
このダンプトラックが無かった時代は、荷台後部に付くアオリを開いてから、ショベルで土砂を下ろしていましたが、油圧で荷台が動くダンプが登場してから、作業がより早く進められるようになりました。
また、ダンプトラックの車両形状は、リアダンプと呼ばれる一般的な車両から、荷台がサイドに傾くサイドダンプ、荷台が左右や後方に傾けられる三転ダンプ、アオリと荷台がフラットになるLゲート、家畜用の餌などを運ぶファームダンプなどに分類されます。
さらに、最大積載量11トン以上のダンプトラックは、道路を通ると多大なダメージを与えることになるので、道路の通行が出来なくなっています。
これは、もしも通行してしまった場合、道路が簡単に崩壊してしまうことも考えられるからです。
ちなみに、ダンプトラックの買取時は、業者による査定が行われ、年式の古い車や事故車でも買取してもらえます。
この際、古い車種や走行距離が長い中古トラックでも査定して貰えるので、気軽に問い合わせしてみましょう。

ダンプについて

ダンプについて

ダンプとは、荷台部分を油圧で傾けることができるトラックを指しています。
このダンプトラックは土砂や砂利を運搬する際に活用され、英語のdumpという言葉が意味する「放り出す」から名づけられています。
ダンプトラックはサイズも様々あり、軽トラックから人気の中型4トンダンプ、大型トラックまで採用され、土砂を専門に積載する荷台や、土砂が運搬できない荷台などに分類できます。
さらに荷台の傾斜方向も後方だけにはとどまらず、左右や後方が傾斜するものや、荷台部分を高く上げてから傾斜させるものも活躍しています。
また、ダンプトラックが積載する土砂などは重量があるので、最大積載量が11トンまでと定められています。
もしもこれ以上の重さの土砂を積載した際は、運転手と事業主に罰則が与えられるので注意しましょう。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP