油圧ショベルを高額買取!

油圧ショベルの買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

廃業になったので
少しでも高く売却したい

倉庫・畑に眠っている
使用しないので
売却したい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • キャノピータイプかキャビンタイプか
  • ブームの形状(スイング・オフセット・スライド・ロング)
  • 配管があるか
  • キャタピラの素材(鉄キャタ・ゴムキャタ・ゴムパッド・ロードライナー)
  • 排土板があるか

油圧ショベルについて

油圧ショベルってどんな車両?

油圧ショベルの特徴

油圧ショベル(ユンボ)は、家庭の庭などで使えるミニタイプから、広大な工事現場で使われる超大型タイプまで、様々な大きさで製造されています。
キャタピラを装着しているタイプは、不整地などでも作業が可能で、建設現場や工事現場などで作業を行えます。車体にタイヤを装着しているタイプは公道を通行できるので、移動もスムーズに行えます。
機体総重量が6t未満になるとミニ油圧ショベルと呼ばれます。

油圧ショベルの特徴

油圧ショベルの特徴

油圧ショベル(ユンボ)は主にキャタピラで走行するため、未整地の土地やぬかるみ、急斜面の土地でもバランスを崩すことなく作業ができます。車体は360度回転できるので、どの方向でもショベルを伸ばすことができます。
下向きにバケットを取り付けてバックホーとして使うのが一般的ですが、その他に上方の土砂を掘削して運搬車に積み込む作業に適した前向きローディングバケットなどがあります。
アタッチメントは多種多様な種類があります。鉄骨切断機を取り付けてビルの解体や、コンクリートや石などを破砕するブレーカーなど幅広い用途があります。

油圧ショベルのデータ

項目 内容
必要な免許 車両系建設機械の技能講習、小型車両系建設機械の特別教育)
代表的なメーカー 日立建機、コマツ、住友建機、キャタピラージャパン

油圧ショベルを最高額で買い取る買取業者に一括査定依頼する

他の形状を見る

油圧ショベルの詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP