ファームダンプの詳細

ファームダンプの特徴

ファームダンプは飼料などの軽量物を沢山積むために、他のダンプよりもアオリが高くなっています。
主に後方へダンプアップを行うリアダンプを中心に架装されていて、サイドや三転ダンプはあまり採用されていません。
ファームダンプ自体はトラックメーカーが造っていないので、架装メーカーに依頼して製造されます。
このダンプは農地が多い北海道を中心に使われ、飼料などを一挙に詰め、排出することもできるので、作業のしやすいトラックとして活用されています。
また、荷台には飼料以外にふん尿なども運搬することもあるので、洗浄しやすく防錆性も高くなっています。
このため、衛生面も重視されていて、平ボディのようにアオリ部分が木で出来ていることがありません。
積載量の多さや使用用途の広さからファームダンプは数多くの現場で活躍していて、年間を通して需要が高いトラックとしても知られ、20年以上前に造られた車両も高値で買い取られることがあるそうです。

ファームダンプについて

ファームダンプとは、農場(ファーム)で使われるダンプトラックです。
深いアオリを備え、土砂の積載が禁じられており、見た目から「デカ箱」という名称で呼ばれることもあります。
基本構造はチップダンプなどと同じですが、あくまで農場での使用をメインにしていることから、この名前が付けられています。
この車両は小型ダンプや中型ダンプが架装され、家畜用の餌などを運ぶことから、酪農が盛んな地域で見かけることが多くなっています。
また、雪の多い地域では、除雪した雪を運ぶためにもファームダンプを使用することがあるそうです。
ちなみに、ファームダンプが飼料を運搬する際は一種類しか運ぶことが出来ないため、この点を解消するために飼料運搬車という車両が使われることもあります。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP