消防車を高額買取!

消防車の買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

使用していないので
売却したい

もっと伸びるはしご車に
買い換えたい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • エンジン、ミッション、機関等の不具合はないか?
  • サビ・腐食はないか?(特にフレーム!)
  • 上物の動作に不具合はないか?

査定見積もり代行します!

消防車得意業者一括査定依頼!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

消防車について

消防車ってどんな車両?

消防車の特徴

消防車は、主に火災などを鎮火するために活躍する緊急自動車のことをいいます。
運転に必要な免許は、車両に応じた自動車免許に加え、消防車両の運転や運用を行うための機関員という資格がないといけません。
機関員の資格取得は、特定の免許を持った人の中から選抜試験が行われ、消防学校で約2週間研修を受ける必要があります。
機関員の中にもランクがあり、特に大型のはしご車を操縦するのは難しくなっています。

消防車の特徴

消防車の代表的な車両に、ポンプ車やはしご車、化学車などがあります。
火事が起きると真っ先に出動するポンプ車は、水で火を消すためのポンプを搭載しており、消火栓や防火水槽などから水をすいあげて噴射し消火作業を行います。
はしご車は高いところに取り残された人を助けるとき、高いところで消火活動を行うときに活躍します。
はしごは30mから35m程度伸びるものが一般的で普段は折りたたんで収納しています。
さらに、災害や事故から人命救助を行う救助車、加えて指揮隊車や水槽車、照明電源車など、様々な状況に対応するための車両が用意されています。
これらの消防車は、各車種に共通の装備があり、消火器やサイレン、警告灯などを標準的に備えていて、火災や災害発生時はサイレンを鳴らして現場に急行します。

サイズ

小型、中型、大型

必要な免許

普通免許、中型免許、大型免許

代表的なメーカー

モリタ

代表的な車種

トヨタ・ダイナ、日野・レンジャー、三菱ふそう・ファイター

他の形状を見る

消防車の詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP