フォークリフトの詳細

フォークリフトの特徴

フォークリフトの特徴

フォークリフトの走行速度は、時速10キロから20キロ程度となっています。
車体の構造上、ブレーキをかけると慣性で前面に倒れやすくなっているので、
場所によっては前進が禁止される場合もあります。
運転の際は、落下物や墜落時の保護という観点から、ヘルメットの着用が推奨されています。
フォークリフトを上手に運転するには、ハンドル操作を最小限に抑えること、外輪差に
注意すること、荷物の上げ下げをゆっくり行うことなどが大切になります。
また、1トン以上の車体を運転するには、運転技能講習の修了が必要で、
1トン未満の車体は、特別教育を修了させなければいけません。
もしもフォークリフトで公道を走行する場合は、車体に応じた
特殊自動車免許が必要となり、荷物を積載した状態で走行する
ことは出来なくなっています。
ちなみに、大型特殊に対応する車両は、自動車重量税や車検の対象となります。
製造を行うメーカーは、トヨタL&F、コマツ、ニチユ三菱フォークリフトなどが挙げられます。

フォークリフトについて

フォークリフトについて

フォークリフトは、油圧を利用した昇降や傾斜ができる車両で、車体にフォーク(つめ)と上げ下げを行うマストを備えています。
主に荷物の積み下ろしに活用されていて、つめの部分を他のアタッチメントに変更すれば、作業用途が広がります。
アタッチメントの交換費用は、2万円から10万円程度となっています。
また、つめの長さを延長させる、サヤフォークというパーツもあり、このパーツも2万円から10万円程度で購入が可能で、車体にあわせてオーダーメイドされます。
そんなフォークリフトは、戦後から国内メーカーの製造・販売が進み、普及していきました。
車体を作業で活用する場合は、検査資格を有する検査者による、特定自主検査が年に1回程度、必要となります。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP