清掃車の詳細

清掃車の特徴

清掃車は、収集と排出の方法が、3つずつに分類できます。
収集の種類は、回転板式、圧縮板式、荷箱回転式に分類され、回転板式は回転板を使ってかき上げ、押し込み板で荷箱内に押し込みます。
圧縮板式は、上下の圧縮版を使用して、パワフルにプレスすることができます。
荷箱回転式は、ドラムを回転させてゴミ巻き込むタイプで、積載能力が低いので、あまり活用されていません。
また、収集したゴミを排出する方法は、ダンプ式や押し出し式、荷箱回転式などに分かれています。
ダンプ式は、ダンプトラックと同じように、荷箱をダンプアップさせて排出する方法です。
押し出し式は、排出板を使ってゴミを押し出し、荷箱回転式は、荷箱を少し傾けてドラムを逆回転させて排出させます。
清掃車の運転に必要な資格は、車両に応じた自動車免許が必要で、近年は2トン車ベースが多いので、普通免許があれば大丈夫な場合が多くなっています。
そんな清掃車に架装されるトラックは、いすゞ・エルフや日野・デュトロ、三菱ふそう・キャンターなどの小型や、いすゞ・フォワードや日野・レンジャー、
三菱ふそう・ファイターなどの中型トラックなどが中心になっています。
架装メーカーは極東開発や新明和工業、富士車両などが挙げられます。

清掃車について

清掃車は、家庭などから出されたゴミを積載して、清掃工場に運ぶ特種用途自動車です。
ゴミ収集車や清掃車、パッカー車や塵芥車などの名称で呼ばれることもあり、
海外ではgarbage truckやtrash truckという名前で、大型車が一般的になっています。
国内では、ゴミの量が増大してきた1960年代から使われはじめ、現行車両は1台でゴミ袋900個分まで収集できます。
ゴミを収集する荷箱は、圧縮して積むことができるので、家具などの大きなものも積むことが可能です。
また、生ゴミなどのにおいを防ぐため、車体下部には汚水タンクが備えられています。
そんな清掃車は、古紙回収業者が段ボールなどを回収したり、造園業者の作業後に発生する枝など、専門業者が活用することもあります。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP