高圧洗浄車の詳細

高圧洗浄車の特徴

高圧洗浄車の特徴

高圧洗浄車のタンク形状はメーカーなどで異なり、楕円タイプや四角タイプなどに分かれています。
洗浄時の水圧は、車両によって水圧の強いモデルと弱いモデルがあり、水圧調整が可能で高圧モードと超高圧モードを使い分けられるタイプも存在します。
このような機能を活かして、道路の側溝や建設現場のコンクリート、タンクの内部などをキレイにすることが出来ます。
また、洗浄時にガンノズルなど特殊なノズルを使い分けることによって、塗装の剥離や船体の貝殻除去なども可能になります。
実際の洗浄時は、汚水を吸い上げるバキュームダンパーや、給水車と併用して使われる事もあります。
この高圧洗浄車は小型トラックから大型トラックまで架装されていますが、都市部などで作業を行う際は小型トラックや中型トラックが活用されています。
活用されているトラックの車種は、三菱ふそう・キャンター、いすゞ・エルフ、日野・デュトロなどが挙げられます。
架装を行うメーカーはモリタエコノス、新明和工業、兼松エンジニアリングなどがあります。

高圧洗浄車について

高圧洗浄車について

高圧洗浄車は、高圧洗浄機の一種として活用され、洗浄車やハイプレクリーナーという名称で呼ばれることもあります。
この高圧洗浄車は排水管清掃業などを中心に使われていて、荷台に高圧ポンプと貯水タンクを搭載しています。
高圧状態の水を噴射できるため、排水機能が低下してしまい、パイプに付着してしまった汚れを取り除くことができるのです。
また、ノズルを交換すれば、様々な現場で活用することができ、車両によっては、洗浄時に発生する汚水を吸引してろ過を行い、放水に使える場合もあります。
ポンプを可働させるエンジンは独立している場合と、走行用エンジンを併用するPTO(パワーテイクオフ)方式を採用している場合に分かれます。
さらにメーカーによっては、保温による凍結防止機能がついた、寒冷地仕様の車両も開発されています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP