家畜運搬車の詳細

家畜運搬車の特徴

家畜運搬車の特徴

家畜運搬車の多くは、車両後部に家畜を乗せるための電動ウインチが備えられています。
荷台自体は、腐食を防ぐためにステンレス素材が使われることが多く、荷台の屋根は通気性を追求するために、幌素材を使っている場合があります。
荷台内部は異臭を防止するための配慮として、散水機能や排水機能が設けられたり、メスやオスを分類して運ぶために、仕切りを設けていることもあります。
さらに、家畜の様子を確認するための、モニターを取り付けることも可能です。
車両によっては1度に100頭程度など大量に運搬するので、エレベーターのついた2段式荷台が採用されています。
また、家畜を運搬する用途以外にも使えるようにと、ウイング車で架装されることもあります。
そんな家畜運搬車に活用されるトラックの車体は、三菱ふそう・スーパーグレート、日野・プロフィア、いすゞ・ギガなどがあります。
架装業者は浜名ワークスやコーワテック株式会社、ヤシカ車体などが挙げられます。

家畜運搬車について

家畜運搬車は、名前の通り牛や馬、豚や鳥などの家畜を運搬するためのトラックで、家畜車や家畜輸送車などといった名称で呼ばれることもあります。
この家畜運搬車は、市販されているトラックを専門メーカーが架装することによって製造されていて、中型トラックや大型トラックが中心的に採用されています。
また、家畜にストレスを与えないよう運搬することを重視しているため、様々な機能が荷台を中心に設置されています。
さらに、家畜の衛生面や、利用者の利便性も配慮されていて、畜産業者が中心となって購入しています。
ちなみに、競走馬を運搬する車両も家畜運搬車のカテゴリーに入りますが、バスに近い外観のため、馬運車、馬バスという名称が用いられています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP