高所作業車の詳細

高所作業車の特徴

高所作業車の特徴

高所作業車の作業内容は、配電線などの電気設備保守工事、信号や街灯の保守工事、建設現場での溶接や塗装など、幅広い用途があります。
作業時は誘導者の指示に従いながら、作業範囲や定員、積載荷重などに注意する必要があります。
また、トラック式の場合は、シャーシに備えられたバッテリーを使って装置を動かし、アウトリガーを広げて車体の安定を保ちます。
もしも地盤がやわらかい場合は、車体の設置場所を変更して、鉄板を敷くなどの措置が必要になります。
高所作業車の運転には、中型免許や大型免許などの、車両に対応した免許がないといけません。
さらに、作業場所が10メートル以上の高さの場合には、高所作業車の運転技能講習が、10メートル未満の場合は特別講習の修了が必須になります。
これらの資格は18歳以上から受講ができ、都道府県の労働局登録教習機関において講習が行われています。
そんな高所作業車の架装メーカーは、アイチコーポレーション、タダノ、前田製作所などが挙げられます。

高所作業車について

高所作業車について

高所作業車は、その名の通り高い場所での作業を行うことができる特殊用途自動車で、別名リフト車という名称で呼ばれることもあります。
この高所作業車は、走行装置によってトラック式やホイール式、クローラ式に分類でき、トラックが架装されたトラック式も活躍しています。
作業装置でも分類ができ、伸縮ブーム型と屈折ブーム型、垂直昇降型に分かれています。
トラック式の場合はブーム式が多く採用され、ブームを伸ばして高さ調整を行ったり、角度調整も合わせて行えるので、作業できる範囲も広くなっています。
さらに作業装置がつながる作業床は、プラットホーム型やバスケット型、バケット型に分類でき、トラック式は3種類とも採用されています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP