ミキサー車の詳細

ミキサー車の特徴

ミキサー車の特徴

ミキサー車が活用される際は、タンクの中にあるコンクリートを、工事現場などに流し込み作業を行います。
この流し込みは、コンクリートの品質を保つためにも、道路状況なども配慮したうえ、短時間で作業を行う必要があります。
流し込み作業は、天気や現場の規模によって作業回数が異なるので、スケジュール立ても重要になります。
コンクリートを流し込んだあとは、タンク内部に付いたコンクリートを洗い流す必要があり、洗わないでいると固まってしまいます。
洗い流しの際は、ブレードの先端から水を流しながら、こびりついたコンクリートをブラシで落としていきます。
さらに、タンク内部に張り付いたコンクリートを取り除く「ハツリ作業」も、定期的に行う必要があります。
また、ミキサー車を運転する際は、車両によって中型免許から大型免許が必要になります。
ミキサー車が製造される際は、大型トラックのシャーシが専門メーカーによって架装されています。
この専門メーカーは新明和工業、極東開発工業、カバヤ工業などがあげられます。

ミキサー車について

ミキサー車について

ミキサー車は、荷台のドラム部分内部で生コンクリートを混ぜながら、現場まで運ぶことができるトラックです。
なぜコンクリート混ぜているかというと、コンクリートは混ぜ続けていないと水との分離が起こってしまうからです。
しかし、近年はコンクリートをタンク内で混ぜる必要がなくなりつつあり、既に工場で作られたコンクリート運ぶことが主流になっています。
この既成のコンクリートを運ぶ車両はアジテータと呼ばれ、ミキサー車とともにコンクリートミキサー、トラックミキサーと呼ばれることもあります。
また、ドラム部分からコンクリートを排出する際に、「アルキメデスの螺旋」という原理を使っています。
近年の変わった用途としては、大火事の際に消火用水が不足したため、ドラム部分に消化用水を積んで輸送したケースもあったそうです。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP