ラフタークレーンの詳細

ラフタークレーンの特徴

ラフタークレーンの特徴

ラフタークレーンは、一つの運転席で走行と作業の操作が行えるので、操作にはスキルが必要です。
作業の現場では、収納されているブームとアウトリガーを伸ばせば、すぐ作業することができます。
ブームの長い車両は、最長60メートル程度まで伸ばすことが可能で、軽い荷物であれば釣った状態で移動することも可能です。
走行中に急ブレーキをかけると、ブームと地面が接触する恐れがあるので、エンジンが小さくスピードが出にくくなっています。
このため最高速度は40キロ程度までに抑えられ、高速道路などでは走行できなくなっています。
ラフタークレーンの作業時、緩い地面の場合は、鉄板を敷いて作業する必要があります。
また、公道の走行には大型特殊免許が必要で、5トン以上の車両での作業は、移動式クレーン運転士の免許が必要です。
5トン未満の車両の場合は、小型移動式クレーン運転技能講習の修了が求められます。
ラフタークレーンの車両は、自動車税と重量税が免除されますが、代わりに固定資産税の支払いが発生します。
製造しているメーカーは、タダノ、コベルコ建機、加藤製作所などが挙げられます。

ラフタークレーンについて

ラフタークレーンは、ラフテレーンクレーンが正式名称で、ホイールクレーンの一種です。
この名称の中のラフテレーンとは荒地という意味で、その名の通り荒地でも作業が行えます。
車体はトラッククレーンよりも一回り小さく、四輪駆動のタイヤを備えているので不整地でも作業が行えるのです。
ラフタークレーンの車体は、クレーンのブームと、車体を安定させるためのアウトリガーが収納されていて、これらを広げて作業します。
ブームは箱状の形で納められていて、数段に分かれ、先端にはジブが取り付けられている場合もあります。
このジブによってブームの角度を変更したり、ジブ先端に補助ジブを付けることも可能になっています。
また、クレーンの吊り上げ能力も、2トンから70トンまであり、20トンから25トン以上の大型車両は、夜間の移動時に誘導車を付ける場合があります。
国内では1970年代から活用されていて、3万台程度のラフタークレーンが登録されているため、街で見かけることも多くなっています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP