レスキュー車の詳細

レスキュー車の特徴

レスキュー車はサイズや装備によって、Ⅰ型からⅣ型までの四種類に分類できます。
Ⅰ型は大規模災害に対応できる、電磁波探査装置などの専門的な装備を持っています。
Ⅱ型は人命救助や特殊な災害など、様々な災害に対応できるタイプです。
Ⅲ型は震災に対応する装備を持つ車両で、政令指定都市や中核市に配備が行われています。
Ⅳ型も震災対応タイプですが、航空機で輸送することができるといった特徴があります。
この他にも、地域や地形などによって、高床や低床、ハイルーフやバスなどのタイプを採用しています。
レスキュー車に備えられた機材は、隙間を広げたり鉄を切ったり、重い物を引っ張るなどの、救助に関する作業を可能にします。
また、救助用の機材は年々増えてきているため、収納部分のレイアウトが大切になるそうです。
車両の側面部分には、所属している地域や部隊名がプリントされています。
レスキュー車は、中型トラックのダブルキャブがベースになることが多く、日野・レンジャー、三菱ふそう・ファイター、いすゞ・フォワードなどが架装されています。
架装を行うメーカーはモリタ、テイセン、東京特殊車体などがあります。

レスキュー車について

レスキュー車は、火災や交通事故、災害時などに人命救助を行うための機材を備え、救助活動に役立つ車両です。
主に消防署などに備えられており、救助工作車が正式名称となっていますが、消防庁では救助車という名称で呼ばれています。
また、警察署も同様の装備を備えた車両を用意していて、災害時の警備活動などに活用しています。
加えて、空港や危険物取扱企業などが、緊急時に対応するためレスキュー車を所有しているケースもあります。
レスキュー車の特徴的な装備は、フロント部分のウインチと照明装置、クレーンなどが挙げられます。
ウインチやクレーンは、重量のあるものを移動させられるので、交通事故の処理などに活躍します。
照明装置は、夜間の救助活動の際に使われ、電源の供給元もあるため、夜間作業の援護が可能です。
荷台には、救助用の機材や道具が多く詰められていて、レスキュー隊が活用します。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP