ロードスイーパーを高額買取!

ロードスイーパーの買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

使用していないので
売却したい

左ハンドルのものに
買い換えたい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • サビ・腐食はないか?(特にフレーム!)
  • 右ハンドルか左ハンドルか。左ハンドルは人気!
  • ノズル、ブラシ、吸引装置はちゃんと作動するか

ロードスイーパーについて

ロードスイーパーってどんな車両?

ロードスイーパーの特徴

ロードスイーパーは、走行しながら道路の汚れを取り除くことができます。
別名、路面清掃車や道路清掃車、ストリートスイーパーとも呼ばれます。
車体には、ゴミを吸引する機能はもちろん、飛散を防止する機能も備えています。
作業を行う際は、時速30キロから40キロ程度で走行し、街の景観を保つために働きます。
道路の路線側が見えなくなるぐらい火山灰が積もった場合など、降灰除去に出動することも。
道路にゴミなどが溜まった状態でいると、排水溝を塞いで冠水が起こったり、雑草が生えて景観を損ねたり、タイヤに部品が刺さりパンクが発生するなど、様々な部分に影響が出るので、清掃が必要になります。
吸い込んだゴミは、荷台部分にあるホッパーに投げ込まれ、後ほど廃棄場に捨てられます。

ロードスイーパーの特徴

ロードスイーパーの特徴

ロードスイーパーの車種は、ブラシ式、乾式吸込み式と真空還流式の3種類に分類できます。

  • ブラシ式:ホコリが舞わないように水を撒きながら清掃を行います。   
  • 乾式吸込み式:水を使わずにブラシによって掃かれたゴミを吸い込んでいきます。  
  • 真空還流式:水やブラシを使わずに、空気の圧力のみでゴミを吸い込みます。
また、ロードスイーパーの車両は、メーカー注文時に右か左ハンドルかを選べる場合があります。
これは、道路脇を掃除しやすいように、左ハンドル車両が設定されているためです。
車体のブラシは、道路中央を磨くメインブラシと、道路側面を掃くサイドブラシに分かれます。
これらを使い、路肩に落ちている小石や壊れた部品など、ゴミとなるものを吸い取っていきます。
さらに、落ち葉は事故の原因となるため、秋などの季節は念入りに清掃が行われています。
また、事故が起きてしまい、路面が汚れた際も同様の清掃作業をロードスイーパーが担当します。

 

ロードスイーパーのデータ

項目 内容
サイズ 小型・中型
必要な免許 車両に応じた自動車免許、特種用途自動車など
代表的なメーカー 豊和工業、加藤製作所、新明和工業
代表的な車種 いすゞ・フォワード、日野・レンジャー、UDトラックス・コンドル

ロードスイーパーを最高額で買い取る買取業者に一括査定依頼する

他の形状を見る

ロードスイーパーの詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP