セーフティーローダーの詳細

セーフティーローダーの特徴

セーフティーローダーの特徴

セーフティーローダーは荷台部分を後ろに傾斜させることが出来るので、自動車や重機などを簡単に乗せることができます。
また、荷台に取り付けられているアオリが歩み板として機能するので、自走不可な重機や公道を走行できない自動車なども運べます。
しかし、荷台部分を後ろに傾斜させる際は、その長さ分のスペースも必要となるので、広い場所で積載作業を行う必要があります。
セーフティーローダーの荷台はフラットに造られていますが、これは車両などを乗せることに用途が限られているためであり、もしも車両以外の積載がある場合は、荷台構造を変える必要が生じます。
荷台を操作する際は、運転席と荷台の間や荷台下部に備えられたボタンやレバーを使い、油圧によって荷台が動くようになっています。
そんなセーフティーローダーは、花見台自動車や極東開発工業、新明和工業といったメーカーが製造や販売を行い、中古市場でも人気のある車両として位置付けられています。

セーフティーローダーについて

セーフティーローダーについて

セーフティーローダーは、荷台に自動車などを載せることができ、セフテーローダという名称で呼ばれることもあります。
セフテーローダという名称は、このタイプの車両を開発したメーカーの商標であるため、一般的に広がって行きました。
この「セフテー」という名前は、車などを安全に積み込むことが出来るということが由来となっています。
そんなセーフティーローダーは、小型車両から大型車両まで架装されるので、自動車から重機まで荷台に乗せることが出来ます。
また、荷台部分のみをスライドすることが可能なため、車体自体を傾斜させるセルフローダーとは異なる構造で造られています。
荷台部分をスライドする際は、傾斜の角度が少ないのもあって、安全性が高い状態で積載することが可能です。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP