セルフローダーの詳細

セルフローダーの特徴

セルフローダーの特徴

セルフローダーは荷台が低く造られていて、車両などを乗せやすくするためにアウトリガーで車体を持ち上げます。
アウトリガーで車体を持ち上げる際は、油圧ジャッキが使用され、自走できない車両を引き上げるために、ウインチが荷台に取り付けられていることも多くなっています。
このセルフローダーは特殊な架装を行うため、トラックメーカーは製造を行っておらず、専門メーカーがシャーシから作り上げています。
セルフローダーを運転する際は他のトラックのように特別な免許は不要です。
また、セルフローダーは特に小型トラックが活躍することが多く、キャンターやエルフなどの架装車は工場などで使われることが多くなっています。
さらに、オリンピックなどの公共事業が増えることによって、工事車両が活躍する機会も増えるので、セルフローダーが活躍する場も合わせて増えてきています。
そんなセルフローダーは、タダノやフジタ自動車工業などといったメーカーが製造や販売を行っています。

セルフローダーについて

セルフローダーについて

セルフローダーは、車両を運搬するトラックを表した名前であり、産業車両運搬車という名称で呼ばれることもあります。
この産業車両とは、主に道路を自走できなかったり、スピードが遅い建機や重機のことであり、このような車両を荷台に積んで運ぶことができます。
セルフローダーは小型トラックから大型トラックまで架装され、基本的には側面にアオリを設けてないことが多くなっていますが、アオリを付けて普通のトラックと同様に扱うことも。
荷台から車両を下ろす際は、地面にアウトリガーを張り出してから車両を持ち上げ、歩み板を接地させてから荷台の車両を動かします。
さらにセルフローダーにはウインチが付くために、自走できない車両も容易に積めるようになっています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP