スライドダンプの詳細

スライドダンプの特徴

スライドダンプの特徴

スライドダンプの特徴として、積載量の割に高さが低く作られているため、同じサイズのダンプよりも積荷を増やせます。
また、荷台はスライドさせたのちに傾斜させるため緩やかとなり、土砂などを降ろす際にホコリが立ちにくくなっています。
このような構造は、荷台のリフトアップが不要で、荷台床を油圧で水平にした状態でも、荷物をゆっくり降ろす事が可能なので、建物などの屋根がある場所でも荷降ろしが可能です。
屋内での排出時に事故などが起こりにくく、荷台容量も大きめに造られているので、重量は重くなくても、容積の大きな荷物を運ぶのに適した車両と言えます。
さらに、他のダンプ同様に荷台をリア・サイドなどに排出できますが、後ろに荷台をスライドさせる場合は長さが必要となるので、作業前にスペースがあるか確認しておきましょう。
ちなみにスライドダンプは、三菱ふそうのキャンターや、日野のデュトロ、いすゞのエルフといったトラックが架装されることが多くなっています。

スライドダンプについて

スライドダンプは、荷台が油圧で持ち上げる機能と、スライドできる機能を持ち合わせています。
このスライドダンプは別名セーフティーローダーやダンプローダーなどとも呼ばれ、トラックメーカーではなく専門の架装メーカーによって作られています。
また、セーフティーローダーはキャブやシャーシーをリフトアップして動かしますが、スライドダンプは荷台単体をスライドできることが、違いとなっています。
さらにセーフティーローダーとの違いとして、スライドダンプは小型のユンボなどを搭載した上で、荷台の空いた部分に他の荷物や土砂などを積むといった使用方法があります。
そんなスライドダンプは、ユンボやフォークリフトなどの小型建機や、農耕機などを運ぶことが出来るので、小規模の工事や農耕作業に重宝しています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP