木材運搬車を高額買取!

木材運搬車の買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

廃業したので
買い取ってもらいたい

クレーン付きに
買い換えたい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • サビ・腐食はないか?(特にフレーム!)
  • 最大積載量はどのくらいか
  • クレーンは付いているか
  • 落下防止用のポールは立っているか

査定見積もり代行します!

木材運搬車得意業者一括査定依頼!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

木材運搬車について

木材運搬車ってどんな車両?

木材運搬車は、木材を運ぶための車両です。
運ぶ木材はヒノキやスギなどが多く、国産木材の品質が見直されたため、需要が高くなってきています。
木材運搬車は、積載量5トン以上の大型トラックが多いため、運転には大型免許が必要になります。
一度に運べる木材は最大で15トン程度になりますが、積載できるスペースが限られているため、隙間なく大量に積み込むには、クレーンを操作するオペレーターの技術に大きく左右されます。

木材運搬車の特徴

木材運搬車は、山や森林などから伐採した原木を製材所などに運びます。原木をそのまま積み込むため、アームやクレーンを装備しており、運搬中に木材の落下を防止するためにスタンションと呼ばれるポールを数本備えています。
積み込み作業の時は油圧シリンダーによってアームを操作し木材を積み込みます。アームやクレーンを装備していない車両の場合は、フォークリフトを使うため作業効率は落ちてしまいます。
走行部分がタイヤではなくクローラーになっているものもあります。このタイプは一般公道では走行することができないため、工場や製材所などで使用されています。

サイズ

大型

必要な免許

大型免許

代表的なメーカー

喜多村製作所、山本車体

代表的な車種

三菱ふそう・ファイターや、日野・プロフィア、いすゞ・ギガ

主に活躍している業種・現場

工場や製材所

他の形状を見る

木材運搬車の詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP