タイヤローリーの詳細

タイヤローリーの特徴

タイヤローリーの特徴

タイヤローラーは、道路に敷きならしたアスファルトなどの舗装を行います。
作業時はアスファルトの付着を防ぐため、水や油を撒き、時速6キロから10キロの速さで路面を締固めします。
この機能を活かして、タイヤローラーを散水車の代わりとして活用することもあります。
タイヤローラーの車体に備えられている機能は、作業を円滑に行うことを目的にしています。
この機能は、エンジンやレバーの誤作動防止装置や後方の障害物を感知するためのセンサー、操作のしやすい運転席設計などが挙げられます。
また、メンテナンスや掃除のしやすさなども重視されていて、排ガス規制や低騒音建設機械にも対応しています。
タイヤローラーの操作には、締固め用機械運転者の特別教育と、特殊自動車免許が必要になります。
特別教育の資格を取得するには、学科に6時間、実技に4時間の講習を受けなければいけません。
タイヤローラーを製造するメーカーは、住友建機や日立建機、酒井重工業などが挙げられます。

タイヤローリーについて

タイヤローリーについて

タイヤローラーは、地面をローラーで固めるロードローラーの一種で、締固め機械(しめかためきかい)という名称もあります。
主に道路舗装工事で使われていて、車体に備えた3つから4つのタイヤを活かし、アスファルトなどを踏み固めます。
車体の重さは10トンから15トン程度で、自重や振動によって路面を平らにできます。
車両に備えられている機能は、操作性や環境性能を追求していて、自動車のような操作性を持ち合わせています。
また、タイヤローラーは他のロードローラーに比べて、少ない騒音で作業できるため、道路工事に欠かせません。
タイヤローラーを使えば、安全性を確保しながら、環境に考慮した作業が行えます。
このため、住宅街や病院などが近い場合や、夜間でも静音作業が可能です。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP