トレーラーヘッドの詳細

トレーラーヘッドの特徴

トレーラーヘッドの特徴

トレーラーヘッドおよびトレーラーは、主に長距離の輸送時に使われています。
トレーラーの種類は、一般的なセミトレーラーが特に多く使われています。
また、用途によっても分類が分かれ、平ボディやウイング、タンクローリーや低床式、ダンプ、キャリアカー、コンテナなど、様々なタイプがあります。
この分類中、ウィングトレーラーやダンプトレーラー、ハイリフトトラクターなど、さらに細かい種類に分けることも可能です。
トレーラーヘッドは、重機や電車の車両など、大型の車両を運搬する場合にも使われ、連結時の長さや、車両総重量によっては、道路通行の申請を行わないといけない場合もあります。
さらに、トレーラーヘッドを船に乗せる場合は、荷台を離して積み込めるため、人件費などを抑えることもできます。
トレーラーヘッドは、最低3ヵ月に1回は定期点検が必要になり、制動装置や走行装置、緩衝装置や動力伝達装置などが正常に働くか確認します。
運転にはトラックの重さに基づいた免許と、けん引免許が必要になり、トレーラーの中には、重量税がかからないタイプもあります。
製造しているメーカーは三菱ふそうや日野、いすゞやUDトラックスなどの、トラックメーカーが中心となっています。

トレーラーヘッドについて

トレーラーヘッドについて

トレーラーヘッドは、トレーラーのトラクター部分だけの状態を指しています。
このトレーラーヘッドは別名けん引自動車、トラクターヘッドなどとも呼ばれています。
トレーラーヘッドは、運転席と荷台(トレーラー)が分離していて、必要な時に連結させて荷物を運ぶことが可能です。
荷台後方などには、車両追越し時に注意を促すための、赤い反射板をつける必要があります。
また、トレーラーの中でも最も一般的なセミトレーラーの連結時は、トラクターのカプラーと、トレーラーのキングピンというパーツを繋ぎます。
連結させれば、重量のある荷物や、長尺の物も運ぶことができますが、運転時は内輪差が大きくなります。
また、トラクターはトレーラーを目的地で分離することもできるので、運搬作業の効率化も図れます。
さらに、トラクターとトレーラーは、ナンバープレートを別々に取得して取り付ける必要があります。
そんなトレーラーヘッドは、国内で1940年代から製造・活用され続けています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP