車両運搬車の詳細

車両運搬車の特徴

車両運搬車の特徴

エルフやキャンターなどの小型トラックベースの車両運搬車は、陸送会社や整備工場、ディーラーやレンタカー業者、個人での車両運搬など、幅広い場面で活用されています。
車両運搬車に車を載せる時の手順は、車を奥まで進ませて輪止めでタイヤを固定します。
車体は合計6箇所固定する必要があり、合わせて道板を閉じた状態にしないといけません。
車を下ろす際は固定された4箇所を外し、荷台を傾斜させた状態で道板を地面に接地させ、前方部分の固定を解除してから、車を後退させます。
また、トレーラータイプの車両運搬車は、全長が19メートル、積載できる車両は6台と決まりがありますが、例外となる地域では全長21メートル、8台までの積載が許されています。
積載する車両の高さは4.1メートルまでとなっていて、3.8メートル以上になると背高の表示を行うことが義務となります。
車両運搬車を運転する際に必要な免許は、ローダータイプならば普通免許でも大丈夫ですが(トラックのサイズによる)、トレーラータイプだと大型免許やけん引免許が必要になります。

車両運搬車について

車両運搬車はキャリアカーや車載車、積載車とも呼ばれているトラックの一種で、新車などの自走することができない車を運搬します。
この車両運搬車が使われる理由は、新車などは1台ずつ工場から運転するよりも、まとめて運んだほうが、コストが掛からないからです。
新車以外では中古車や輸出用の車を運んだり、車検が切れたり動けない車、レーシングカーなどを運ぶこともあります。
車両運搬車は1台のみを運搬するタイプから、複数台を載せることができるトレーラータイプまで活躍していて、小型車両から大型車両まで幅広く架装されています。
特に小型車両を車載用に架装したタイプが頻繁に使われる機会が多く、専門メーカーによって車両運搬車への架装が行われています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP