トラッククレーンの詳細

トラッククレーンの特徴

トラッククレーンの特徴

トラッククレーンには、360度回ることが出来るクレーンが搭載されていますが、このクレーンを動かすエンジンは走行用とは別途に用意されています。
クレーンの種類は機械式と油圧式に分かれ、機械式のほうがより性能が高くなっています。
この理由は、トラス式という構造を持ったブームを装備しているためであり、油圧式に用いられるブームよりも軽量であることが影響しています。
また、作業を行う際は転倒を防ぐためにアウトリガーを広げますが、このアウトリガーを広げられるだけの作業場の広さと硬い地盤が必要です。
アウトリガーは車体の4箇所に備えら、作業時に張り出しを行なうことによって、吊り荷を持ち上げながらも車体を安定させることが可能になります。
そんなトラッククレーンは総重量30トン以下まで公道を走行でき、建設現場や建築現場に加え、橋を架設する際にも活用されています。
ちなみに、移動式クレーンの免許を取得する場合は、18歳以上でないと交付が出来ませんのでご注意下さい。

トラッククレーンについて

トラッククレーンについて

トラッククレーンは、主に荷台部分にクレーンを備え、下部にはアウトリガーなどを備えたトラックなどの総称です。
この中でも、クレーン性能が特に強化されているシャーシ改造タイプは、荷台部分にクレーンと運転席が用意されています。
主に中型トラックや大型トラックが架装され、トラック同様の走行が出来ながらもクレーンで持ち上げられる荷重がユニックなどより重く、ブームも長く造られています。
荷重は中型トラックだと3トンから5トンまで、大型トラックでは20トンまで持ち上げられることも。
しかし、より重い荷重を持ち上げられ、自走も可能なラフテレーンクレーンやオールテレーンクレーンの登場後は、トラッククレーンは活躍することが少なくなり、メーカーも製造をストップさせてしまいました。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP