バキュームカーの詳細

バキュームカーの特徴

バキュームカーの特徴

バキュームカーの用途は、主にポンプを使った糞尿の吸引や運搬などであり、それ以外には水害が起きた際の汚水や泥水の吸引、浄化槽の清掃など、液体や液体以外のものを吸い取るためにも使われています。
この吸引に使われている真空ポンプの仕組みは、タンク内部を真空状態にして、外部との大気差を利用して吸引を行っています。そのような仕組みから、真空車という名称で呼ばれることもあります。
また、排出を行う際は、レバーを吸引時と逆にすれば、噴出が行われます。しかし、ホースが極端に動いてしまうと、吸引物を周りにまき散らしてしまうので、慎重に操作する必要があります。
さらに、タンク内の匂いを取り除くために、内部燃焼を行う消臭器を備えた車両もあり、近年はタンク内の臭いを甘い香りに変える仕組みが注目を浴びています。
バキュームカーに採用される車両は日野のデュトロ、三菱ふそうのファイター、いすゞのフォワードなど、小型トラック・中型トラックが中心になっています。
これらのトラックの架装を行うメーカーは、東邦車両、モリタエコノスなどがあります。

バキュームカーについて

バキュームカーについて

バキュームカーは、荷台に備えられたタンクに、ポンプを使って吸引した排泄物などを回収できる、特種用途自動車です。
このバキュームカーという名称は和製英語であり、衛生車や糞尿収集車、汲み取り車や屎尿収集車といった名称でも呼ばれています。
国内では1950年代から使われていて、下水道が発達した現在では仮設トイレや下水道が発達していない地域、山間部などで活用されています。
さらに、河川の氾濫などの水害が起こりやすい地域は、災害対策のため、市町村がバキュームカーを持っている場合もあります。
バキュームカーが作業を行う際は、ホースを使って吸引し、タンクに吸引物を積載して運搬します。
また、ホースやタンクをパネルで覆うことによって、見た目をパネルトラックに似せている車両も存在します。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP