バキュームダンパーの詳細

バキュームダンパーの特徴

バキュームダンパーの吸引ポンプは2種類あり、ルーツブロアポンプと水封式ポンプに分かれています。
ルーツブロアポンプは、一度吸引したものを再度吸引する仕組みを持っているので、長距離での吸引が可能です。
水封式ポンプは、遠心力によって発生する水環流によって吸引を行い、大量の吸引が行えます。
バキュームダンパーの作業時は、側溝などの清掃で活用される、高圧洗浄車と一緒に作業することがあります。
ポンプでの吸い上げ時は、車両の動力を使うPTO方式が採用されることが多くなっています。
また、ホースを延長することが出来れば、さらに広い範囲で作業することが可能です。
バキュームダンパーを導入する会社は、産廃処理会社など、環境保全や省エネに貢献している会社などが中心となっています。
バキュームダンパーに採用されるトラックは、小型トラックや中型トラックが中心で、いすゞ・エルフや三菱ふそう・キャンター、日野・レンジャーなどがあります。
トラックの架装を行うメーカーは、東邦車両、モリタエコノス、新明和工業などが挙げられます。
運転の際は、車両によって普通免許から大型免許までが必要です。

バキュームダンパーについて

バキュームダンパーは、正式名称を強力吸引車という、特種用途自動車の一種です。
名前のとおり、荷台に強力な吸引力を持つポンプとホース、円形型の大きなタンクを備えています。
一見、形状が似ているバキュームカーのようにも見えますが、バキュームカーで吸えないものを吸うことができます。
この吸引物とは、主に粘性のあるものであり、工場などで発生する土砂などが混じった汚泥や汚水、焼却炉から発生する灰、建設現場の土砂も吸引が可能です。
また、荷台の積載物を排出する際は、ダンプトラックのようにダンプアップをしたり、タンクの中を加圧したりする方法や、押し出し板を使った排出方法などがあります。
このため、積載している汚泥などを、一気に排出することができます。
車両によっては、タンクに1万リットル程度まで積載できるので、大量運搬や積載も可能になっています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP