散水車を高額買取!

散水車の買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

使用していないので
売却したい

PTO式に買い換えたい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • エンジン、ミッション、機関等の不具合はないか?
  • サビ・腐食はないか?(特にフレーム!)
  • 上物の動作に不具合はないか?

査定見積もり代行します!

散水車得意業者一括査定依頼!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

散水車について

散水車ってどんな車両?

散水車は、名前の通り水をまく(散水)機能を持った車両です。
撒水車(さっすいしゃ)という名称で呼ばれることも。
荷台部分にタンクを備えているため、一見タンクローリーのようにも見えますが、主にタンクには水が注入されます。
用途としては、路面清掃や街路樹への散水、トンネル清掃や凍結防止剤の散布など。
また、鹿児島県では降灰量が多い地域を中心に、道路上の灰を除去するために使用します。
さらに公園や工事現場、競馬場でも散水が行われ、砂やほこりが舞うのを抑えています。これら以外には、ノズルを改良して除雪作業に使うこともあります。

散水車の特徴

散水車の動力はエンジンから供給されるPTO方式と、別のエンジンを使って動かすエンジンポンプ式に分かれています。実際に使用する際は、作業後の水抜きを行わないと、ポンプに水が詰まって凍結するなど、故障につながるので注意が必要です。
散水方法は、下から水が噴き出すタイプと、タンクにつながったホースから散水できるタイプに分かれています。

散水車のデータ

項目 内容
サイズ 小型、中型、大型、増トン
必要な免許 準中型免許、中型免許、大型免許
代表的なメーカー 極東開発、新明和工業、モリタエコノス
代表的な車種 三菱ふそう・ファイター、いすゞ・フォワード、日野・レンジャー
主に活躍している業種・現場 トンネル清掃、凍結防止剤の散布、公園や工事現場、競馬場

散水車を最高額で買い取る買取業者に一括査定依頼する

他の形状を見る

散水車の詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP