ホイールローダーの詳細

ホイールローダーの特徴

ホイールローダーの特徴

ホイルローダーは、時速15キロから50キロ程度で移動することができます。
運転時は、ハンドルを切って戻すと一緒にウインカーが切れる乗用車と異なり、自分でウインカーを切る必要があります。
加えて、シートやレバーの位置を自分の使いやすい位置に調整しておくと、正確な操作が可能になります。
掘削を行う場合は、車体を一直線にさせれば、前輪と後輪が同じ方向を向くので、力を最大限発揮できます。
除雪作業時は、バケットを少し上向きにして、アームを下げ切った状態からゆっくりバケットを上げると、キレイに除雪することができます。
また、除雪時など公道での運転に必要な免許は、車両に応じた普通自動車免許や、小型特殊自動車免許、大型特殊自動車免許などが必要です。
さらに、バケットを使った作業を行うので、車両系建設機械運転者の資格が必要です。
ホイルローダーの製造会社は、コマツやキャタピラージャパン、日立建機などが挙げられます。

ホイールローダーについて

ホイールローダーについて

ホイルローダーは、ベイローダー、タイヤドーザーとも呼ばれ、ゴムタイヤを備えている建設機械です。
車両の前にあるバケットを使い、土砂や砕石などをダンプに詰め込むことができ、やわらかい土壌であれば、前進しながら掘ることもできます。
また、多少の距離であれば、バケットに掘ったものを入れたまま移動することも可能です。
ホイルローダーは、建設現場や農業、林業や除雪作業に使われたり、災害時のがれき除去などにも活躍したりします。
さらに、重いものも持ち上げることもできるので、建設用石材の原石をバケットに乗せて運搬できます。
このように、様々な作業に対応できるため、それぞれの作業用にアタッチメントが用意されています。
車体は四輪駆動で動き、中央で折れる中折れ式であるため、内輪差や外輪差は起こりません。
そんなホイルローダーは、小型車両から大型車両まで販売されています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP